島崎ともよ
砂糖との付き合い方

このタイトルが来るということは、この後の話の流れはやっぱり「砂糖は体に悪いから気をつけないといけないよ…」なんていう耳が痛い話になるんじゃ、と思っているそこのあなた。今日は残念ながら、そのご期待には添えそうにありません。

実は、つい1年ほど前まで白砂糖を悪だと思って、できる限り避けるように料理やおかし作りをしてきました。様々な本や情報に触れてきた中での自己解釈でした。

そんな中、同じように白砂糖を避けて生活している外国人の友人が、とある記事のリンクを送ってきました。Medical News Todayにて2021年1月18日に公開された「砂糖にまつわる神話」という記事でした。無意識的に選り好みして自分のフィルターで解釈し信じてきたことには、エビデンスが存在しないということが、この記事で判明したのです。エビデンスがある=好き嫌いで情報を判断できるものではないということ。この記事をきっかけに、砂糖についての考えが一部覆され、再度深く深く考えるようになりました。

今日は、その記事で触れられている話も交えながら、砂糖(甘味料)との付き合い方のヒントを書いてみようと思います。



白砂糖には中毒性があるって本当?

「砂糖には中毒性があるから気をつけたほうがいいよ」というくだりは、これまで何度も読んだし何度も言われてきたので、私もそう信じてきました。しかし、砂糖に中毒性があるという科学的証拠は現在まで存在しないとのこと。

その他にも、砂糖は子どもを多動にするとか、砂糖が糖尿病を引き起こすとか、砂糖はガンを引き起こすとか、よく言われることばかりですが、どれも科学的証拠はないのです。

よく白砂糖は絶対に使わない!という人に出会いますが(昔の私)、エビデンスベースで見ると、そんなに悪者にしなくてもいいんじゃないか…とも思えてきます。避けるべきはもっと他にあったりするのに、砂糖砂糖!と騒ぎたてているのもおかしなことだよなと思います。

とはいえ、砂糖には快楽の生成(ドーパミン系の神経を活性化)などの心理的作用があることは分かっているので、摂取するにしても量や他とのバランスを考えるのは必須だとは思っています。



グラニュー糖が最適な場合もある

グラニュー糖は、サトウキビからミネラルやビタミンを抜いたショ糖純度の高い砂糖ですが、栄養素が抜かれているため毛嫌いされる方は結構いらっしゃいます。ですが、グラニュー糖が適した料理やお菓子はたくさんあるのです。

私も様々な砂糖でグラニュー糖の代用案を考えてきましたが、使う砂糖を間違えたせいで数えきれない位失敗してきました。おいしくないお菓子のレシピはたくさん出来上がり、他の方のおいしくないレシピもさんざん試した結果思うことは、せっかく食べるならおいしく食べたいなということ。たまに楽しむ程度なら、グラニュー糖を使っておいしく見た目にもきれいなものを作るのも一つの手です。



料理に合った甘味料選びをする

砂糖はそんなに悪者じゃないよとは言いましたが、砂糖以外でも、はちみつ、メープルシロップ、甘酒など様々な甘味料があり、日々活躍してくれるものはたくさんあります。それぞれ料理やお菓子との相性もあるので、いくつか例に出してみます。

よく砂糖の代替品として出される「はちみつ」。実は自分のレシピには極力入れないようにしています。理由は、はちみつの味はとにかく幅広くて、使うはちみつによって全く別の味に変わってしまう点が難しいから。料理との相性は、正直あまり良くないと個人的には思います。はちみつには落とし穴もあって「よく考えよう、よく知ろう」の回でも触れているのでよかったら参考にしてみてください。

メープルシロップや黒糖はコクが出るので、料理の味を大きく邪魔しない煮込み系に使うことがあります。よくカレールウを手作りしますが、メープルシロップや黒糖を少し入れると味の深みが全然違います。

米麹から作られた甘酒は料理との相性もよく、自然な甘味で気に入っています。肉や魚のグリルの下味にしたり、ドレッシングに使ったりしますが、甘みが強いので特に子どもが喜んで食べる傾向にあります。

まとめ

エビデンスが…と言うのは正直あまり好きではないのですが、事実としてどうなのか?も加味した上で、砂糖の付き合い方を考えると、もっと食を楽しむ幅が増えると思います。精製された砂糖には栄養がないから!と思われがちですが、そもそも砂糖から栄養を取ろうと思わなくても、他の食品やサプリから取った方がよっぽど効率的ではないでしょうか。料理にあった甘味料でごはん作りを楽しみ、おいしくいただく。食の基本かなと日々感じています。

 




島崎ともよ
TOMOYO SHIMAZAKI

料理家。家族思いのシンプルでナチュラルな食を提案するサイト『LIFEとFOOD』主宰。“食は暮らしの一部”を基軸に、日々のレシピや子育ての気づきなどを発信する。2017年よりベルリン在住。

おいしいとありがとう
つくる人とたべる人
出会い、めぐり、ひびきあい
わくわくする未来へ

はじめまして! 安心できる、おいしい食品を選りすぐってお届けするオンラインストア、フード・オーケストラです。育み作る人と食べる人は、深呼吸するように、つながり、めぐるもの。しあわせで、おいしい音が、途切れることなく明日も明後日も響いたらいいなと思う。正直で、安心できる、おいしい食品を選ぶことは、作り手や子供たちの、わくわくするような素敵な未来をひらいています。私たちが毎日できる、小さくて、大きな力。日々のくらしに無理なくしっくりとくる、おいしいものやうれしいものを、私たち自身の感動を忘れることなく新鮮な目で選び、みなさまの食卓へとお届けするオンラインショップを目指します。