陶山商店
奥出雲舞茸

販売価格 価格 ¥643 通常価格 単価  あたり  (税込)

通常の商品はご注文日より5営業日以内の発送を心がけております。
(配送日限定の商品は決まった配送日にお届けします)
配送地域により、配送日数は異なります。
詳しくは「配送について」をご確認ください。



驚く旨み!

島根県奥出雲町の清涼な山麓から湧き出る水で丁寧に栽培された舞茸です。

山々から吸収したミネラル分が蓄えられているためか、しっかりとした歯ごたえのある食感と、じっくり乾燥されている分、甘みを増したその風味は格別です。

じっくりと時間をかけてもどし、その旨みを感じてみてください。





レシピのご紹介

陶山商店公式ページでは、すぐに実践できるレシピが紹介されています。写真とレシピの掲載を快諾いただいたので、ご紹介します。


写真:陶山商店

レシピ​「舞茸と牛肉のうま煮」

【材料 2-3人分】
奥出雲舞茸   1/2袋(25g)
水       200ml
牛こま切れ   100g
酒       大さじ2
醤油      大さじ2
きび砂糖    大さじ2


【作り方】
1.奥出雲舞茸は分量の水に20-30分ほど浸しておく。石づきの大きいところは戻りにくいので小さく割って浸すと良い。全体が浸かるよう上下を返すように時々混ぜる。牛肉は、舞茸と同じくらいになるよう小さめに切っておく。

2.フライパンか鍋に①のもどし汁と調味料を全て入れ、温まったら牛肉を入れる。

3.肉の色が変わってきたら①の舞茸を入れ中火で8分から10分、時々混ぜながら汁気がなくなるまで煮込む。



写真:陶山商店

レシピ「舞茸とじゃこの炊き込み混ぜごはん」

【材料 ごはん2合分】
米       2合
奥出雲舞茸   20g
水       400ml
酒       大さじ1
塩       小さじ1
昆布      3g
じゃこ     20g
オリーブオイル 小さじ2
醤油      小さじ2

【作り方】
1.奥出雲舞茸は分量の水に浸しておく。米は洗ってザルにあげ、30分ほど休ませる。

2.炊飯器に①の米、浸した舞茸を汁ごと入れ、酒、塩、昆布を入れ炊く。

3.フライパンをごく弱火にかけてじゃこを入れ、生っぽい香りが飛ぶまで返しながら乾煎りする。オリーブオイルを入れパチパチとしてきたら醤油をまわし入れ、水分がなくなるよう火にかけ香ばしい香りをつける。

4.ごはんが炊き上がったら③のじゃこを混ぜ込む。

※乾燥のまま入れて炊けなくもないですが、大きさにばらつきがあるので一度水に浸し戻しておくことをお勧めします。

※山椒や胡麻、黒胡椒などお好みのスパイスを振りかけてアレンジもできます。

◎その他のレシピはこちらからもご覧いただけます。

陶山商店について

島根県安来市を拠点に、海や山の乾物を幅広く取り扱う乾物屋さんです。先々代の陶山勘助が1939年にリヤカーを引いて乾物を売り始めた商売が原点となり、創業80年。

三代目からは隠岐の島の食材を使った加工食品を作るようになり、「暮らしに根付く商品」を提供してくれます。



◎こちらもおすすめ
陶山商店 隠岐あらめ細切り
陶山商店 島根椎茸
陶山商店 奥出雲きくらげ

内容量:50g
原材料:舞茸(島根県産)
保存方法:直射日光・高温多湿を避け常温で保存ください。
賞味期限:製造日から12ヶ月
※賞味期限が2週間以内のものは販売いたしません。(賞味期限につきましては、別途、お問い合わせください。

※カットされた舞茸はサイズが不揃いです。

購入はこちらから

おいしいとありがとう
つくる人とたべる人
出会い、めぐり、ひびきあい
わくわくする未来へ

はじめまして! 安心できる、おいしい食品を選りすぐってお届けするオンラインストア、フード・オーケストラです。育み作る人と食べる人は、深呼吸するように、つながり、めぐるもの。しあわせで、おいしい音が、途切れることなく明日も明後日も響いたらいいなと思う。正直で、安心できる、おいしい食品を選ぶことは、作り手や子供たちの、わくわくするような素敵な未来をひらいています。私たちが毎日できる、小さくて、大きな力。日々のくらしに無理なくしっくりとくる、おいしいものやうれしいものを、私たち自身の感動を忘れることなく新鮮な目で選び、みなさまの食卓へとお届けするオンラインショップを目指します。